≡ MENU

【資材管理】001 空リール探しています。マイカー線の管理の難しさ。

2020-02-06
Pocket

ハンサムガーデン 宇陀農場 農場長 松田です。

農業で使用する資材の中でも扱いに困るものと言えば、長い資材の管理。比較的大き目な面積(しかも中山間地)を1.5人で栽培するときに、この長尺ものの敷設、回収がうまくいかないと作業時間の拡大に直接つながる大問題。常に2人作業というわけではなく、一人で作業することも多々あるため、敷設・回収をひとりで行う!ことを前提に管理方法を改善中です。

今回はマイカー線。最初に使用するときにコイルされているマイカー線を繰り出していくのですが、当然ながらねじれます。ねじれを取りながら、繰り出し、繰り出し・・・。どうしようもなくなって、そして切る・・・。また繰り出す、ねじれる、ねじれをとる、どうしようもなくなって切る・・・。また繰り出す、ねじれる、ねじれをとる、どうしようもなくなって切る・・・。また繰り出す、ねじれる、ねじれをとる、どうしようもなくなって切る・・・。

年に1回しか使用しないためカイゼンせぬまま1年がたち、やっぱりちゃんと管理しておけば良かったと後悔の冬でした。

マイカー線については、繰り出すための装置(商品名 テープパートナー)があるようです。また、電線を扱う業種では必須らしく、モノタロウにもターンテーブルにドラム(しかも径が可変)がついたものが売られていました。ただどれも農家にとっては安いものではなく、年に1回使用するにはちょっともったいないため自作しようと空リールを探し始めています。

電気屋さんに聞けばあるかな・・・。

空リール

▼今日のハンサムガーデン宇陀農場のカイゼン

〇課題 マイカー線の管理が不十分なため、敷設・回収の作業時間が長くなってしまう

〇解決方法 専用の機材を準備する(今回は自作を検討中)

〇発展 電動で巻き取る機械があればさらに回収時間が短くなりそう

 


Copyright© 2009–2020 Handsome Garden All Rights Reserved.