≡ MENU

新しい施設で土壌診断 ….2014.04.06

2014-04-06

新しい施設で土壌診断 ….2014.04.06

曇時々あられ。気温 0℃。 南西の風。

台風にも耐えうる!?強固な施設。

台風にも耐えうる!?強固な施設。

 

 

 

 

 

 

 

 

この春から耕作始める新しい農地では、育苗用の鉄筋ハウス
含めて全部で5棟。こうした施設は雨が直接土に当たらないから
表層に塩類が固まりやすい。

畑に塩?良く聞かれるんだけど、地下水汲み上げて、まいたり
化成肥料の中でも、効き目が早いものを好んで使うと、土が塩塩
になってしまうんです。なぜかって?詳しい説明は Wiki読んで
くれ。

表土から3cmぐらいと採取するのよ。

表土から3cmぐらいと採取するのよ。

ECメーターといった計測器を使えば、現場でもざっくりと
この塩塩っぷりが把握できる。(それだけが目的じゃないけどね)
今回は….1.6ms/cm! と たっぷりと問題ありげな数値。

そこで、どうするかっつーと土をごっそり入れ替えるか、ひたすら

『水を撒く!』

その前にこの畑の土をサンプリングで取って一応、分析センター
に土の状態を調べてもらうことにします。

 

しかし固い。ここで野菜みたいな軟弱な植物が育つのだろうか。
実は、トマトやりたいんだけどな。

ハウスの土はがっちがち

ハウスの土はがっちがち

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい施設で土壌診断 -了-



Copyright© 2009–2019 Handsome Garden All Rights Reserved.