≡ MENU

残すべき農ある暮らしを考える

2015-09-15
大和の家をたずねて...

大和の家をたずねて…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで、こつこつと有志で細い糸を紡いできた棉の会。
急遽、若手がわんさとやってきて里山との交流を一緒に
考えてくれることになった次第です。

これが棉の会...

これが棉の会…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城大学や日本女子大のインターンシップ(ウダカツ)参加者と
龍谷大学、大石ゼミの面々。

農ある暮らし

 

 

 

 

 

 

 

若い学生達にとっても、貴重な時間を使ってもらい

一緒に考え、取り組みたい骨っぽいテーマも整理されてきた。

100年を越える古民家の再生

伊那佐の地に眠る農的暮らしの記憶リサーチ

アグリ・ルーラルでの創業支援

 

とりわけ創業支援は野菜加工品と農業×ITを追いかけてゆくもの。

今期中に事業のてがかりを絞込み、一気にリソース突っ込んで

来期につなげてゆこうともくろみ中。

県も国も市も大学も!

そして内外の事業者からの視線もチクチクと感じる

秋の大和高原の熱い活動に、皆様を御案内してまいります。

よろしく御付き合い下さいませ。



Copyright© 2009–2019 Handsome Garden All Rights Reserved.