≡ MENU

発酵ボカシ肥そろそろ仕上げです。

2015-02-16

1/8に本仕込となった発酵ボカシ肥、

材料は米ぬかと油粕、かにがら等。これがスタートの色ね

材料は米ぬかと油粕、かにがら等。これがスタートの色ね

約40日後のボカシ肥 暗褐色でアミノ酸の良い香り

約40日後のボカシ肥
暗褐色でアミノ酸の良い香り

 

 

 

 

 

 

 

 

およそ40日たって温度も43度前後で一定になってきました。
ここまでくると、一安心です。2/14に加水、切返したので
温度はやや上がってくるかもしれませんが、デンプン質は
程よく分解されて、麦芽糖やぶどう糖に分解されています。
そろそろ乳酸菌群が分泌する乳酸でpHが下がってくる頃かと
思います。pH4.5前後、温度が30℃を切り出したら、瓶詰め
干しブドウで増やした酵母を投入して『嫌気状態にしない
≒アルコール発酵させない』状態を作ります。
多分、管理機で攪拌するのがよいかと思います。
酵母投入してから二週間ほどで完成です。さらさらに
なってくるので、広げて乾燥させて麻袋等に袋詰めして、
日陰で保管です。



Copyright© 2009–2019 Handsome Garden All Rights Reserved.