≡ MENU

2013.08.09 百井栽培日記 秋冬野菜播種

2013-08-09

2013.08.09 百井栽培日記 秋冬野菜播種

気温 32℃(13時) 快晴

気温が高く真夏日となった金曜日、百井でも32℃と温度高く少し作業する
だけで汗。25℃くらいを好む野菜はどれも日中しおれて、夕方元気を取戻す。
紫カリフ根こぶ菌を疑う程ではないが、日中しおれるのが少し心配。混植中
のキャベツには兆候無。

●ミニチンゲン菜(畝b1)
食害多。ちょっと売り物になりそうにない。賄い用だね。

●ニンジン(畝b2)
茂って間隔狭そうなところを少し間引き。勢い良。

●九条ネギ苗(畝b3)
少ないうえ、よとう虫の食害が少し発生。

aug10_onion

●紫カリフ(畝A3) パープルフラワー
播種後141日目。花蕾の雰囲気すらない。丈は40cmを超えてきた。

●キャベツ(畝A5) ヒット甘藍
放置畝は食害もそこそこ…結球も進んでいる。

●レタス4種苗床(畝A8)
レッドファイアーは発芽率高、ゴジラ・チコリ出揃う。コロラドまったく
芽がでていない。春レタスには暑すぎるのか。
秋レタスなら直播でも全然問題ないのではないだろうか。

aug10_retus

●赤紫蘇 (畝A11)
初期に株元除草したエリアが勢い良。

●水菜・春菊(畝A12)
水菜、春菊を二列に播種。9/28~収穫予定。

●ニンジン・こかぶ (畝A13)
ジャガイモの後作に播種。このところ夕立多いとのことで夏ニンジンを
ギャンブル播種。畝の南半分にこかぶ(味サラダかぶ:宇治交配)

●菊芋(畝C4)
昨年のものを放置していたのだが、完全に野良化。連作無いのか?
今年は全部掘り起こさないとマズイ。

●スィートコーン (畝c5-c7)
最終の収穫。追肥がぎりぎり間に合った様子。全体にオオモノという
割に小さい。やはり昨年までのゴールドラッシュ88直播が一番成績良い。

aug10_corn

●打木赤皮栗南瓜、バターナッツ(畝C8)
直径15cmと小ぶりながらあちこちで赤くなり始めている。下に
刈った野草で座布団引いているが、触れているところだけが色がついて
いない。ねじると茎がちぎれそうなので放置。

aug10_redpump

●とんがりキャベツ (Spitzkraut)シュビッツコール?(畝C12)
日本の土壌。それもプチ高原百井にあうのだろうか。苗を富雄実験圃場
で作ってもらい提唱。ベルギー朝市でみたトンガリキャベツ再現なるか。
残肥たっぷりなニンニク後に定植。

 

●つるなしインゲン (畝C14)
500gばかり収穫。畑の日当たりのせいか西側に実が良くついている。
来年は雪解け直後4月頃に播種して、もっととれても良いかも。


Copyright© 2009–2021 Handsome Garden All Rights Reserved.