≡ MENU

2013.09.17 台風直後でも作業できる圃場

2013-09-18

台風直後でも作業できる圃場

台風一過。悩みはいくつかトラブルを抱えている農地の復旧調整。
栗東の仲間は重機投入しないと再び耕作できないほど崩落がひどい。
とりあえず、わずかばかりのさつま芋、バターナッツを獣から救う
緊急収穫隊が組織され現場で作業。下を向きがちな処に夢を語ろう!

そんな中、アグリチャレンジ研究会で剪定枝の多投栽培モデルの
実習を行ったセレクトファームを訪問すると、あまりに周囲と違った
情景に眩暈すらおぼえた。
警報豪雨の翌日に種まきできている!

あの大雨警報の翌日だというのに。何事もなかったように種まき
しているではないか。圃場にはまったく水が留まっておらず、研修生
もレーキで畝の上を普段のとおり均している。

排水性を確保している彼らの土壌は、あの豪雨をもモノともせず
普段どおりの作業が行えているのだ。

土壌、環境が整うのとそうとないのでは、栽培は劇的に成果が変わる。
この環境を問う技術こそ、セレクトファームがたった数年で実現した
栽培技術の肝なのだそうだ。

どうすれば経験浅い農家がここに辿りつけるのだろうか。要素は
いくつかあるが、成功事例を学び、仮説を考え抜き、実践する。
これまでの就農者がなおざりにしてきた基本フレームワーク。

僕は一つだけ約束できる。我々とこの農場で一緒に身に着けたものを
誰も奪えはしない。繰り返し成果のあがる農業を生業にできるのだ。
栽培環境をどう構築するのか….それを供に学ぼう。

セレクトファームの夕べ



Copyright© 2009–2017 Handsome Garden All Rights Reserved.