≡ MENU

2013.10.23 アチャ研・活動報告”発酵ぼかし肥を効かせてゆこう”セミナーDay2レポ

2013-10-23

2013.10.23 アチャ研・活動報告”発酵ぼかし肥を効かせてゆこう”セミナーDay2レポ

 栽培農家の身近にあり、しかもほぼ無料で大量に手に入る資材『こめぬか』。
こいつはそのまま土に入れてもなかなか分解しないし、肥料としての早期の効果が期待しにくい。それゆえに昔から農家は、発酵により極上の肥料「ぼかし肥」を作ってきたのでした。

 アグリチャレンジ研究会では、実践家の「野田さん」を講師に招いて、9月のDay1で座学、続くこのDay2で「ぼかし肥づくり」を受講者に体験戴く企画を実行したのでした。

■こめぬかをどうしたいのか
2013Oct23-konwa
 『発酵』させたい。その前に微生物の違いを知っておくこと。

1.)嫌気環境(酸素をなるべく与えない)
 乳酸菌群や酵母菌群が繁殖しやすくなる。
  ・あんまり温度あがらない 40℃くらいまで
  ・乳酸菌活発に増えるとpHが下がる(酸性になる)

2.)好気環境(酸素を積極的に供給する)
 糸状菌(こうじやかびの仲間)や納豆菌などが繁殖しやすい。
  ・温度が上がりやすく、50℃を超えてくる場合もある。
  ・熱くなりすぎたら、広げて温度下げる
  ・水分多すぎると腐敗もしやすいので注意。

■こめぬかに加水 水分量60%って?
2013Oct23-bokashi
 水を少しづつ時間かけてまぜる。加水した水は取り除けないから、初心者は水を多くいれすぎる。(受講生全員が失敗しました。)
 目安は手で握ってもボロッと崩れるくらい。

■たね菌をくわえないの?
 自然環境に有用な菌もたくさんいるので、まずは自然に発酵が始まるプロセスを体験してみましょう。

■容器を密閉(嫌気)するのか?空気(好気)を加えるのか?
 切替すと(混ぜること)空気が入って好気環境になり、密閉していると嫌気環境になる。コウジやけかび、クモノスカビを活用するなら好気環境。乳酸菌群を積極的に使うなら嫌気環境に誘導する。

■温度を意識的にみよう。
komenukahakou
 安い温度計で十分。温度で発酵状態を有る程度知る事ができる。
  ・40℃前後をうろうろ → 好気環境なら麹による糖化が進んでる。
  ・50℃超えてきた。糸状菌が増えている → 納豆の匂いあれば納豆菌活動してる。  ・30℃より下がってきた → 乳酸菌群増えてる可能性有。

■しあがりの目安
 望ましいのは、アルコールの匂いが漂ってくると成功!乾燥させて、通気性の良い麻袋などで保管しましょう。

■施肥方法

1.) ぱらぱらと畝の上からふりかける。(追肥の場合等)
2.) こめヌカと混ぜて土にすきこむ。(基肥として使う場合)
3.) 株中心から20cmほど離して深さ5cmの穴掘り一掴み程度入れる。
4.) 株の周囲に同心円状にまいて上から藁や草で覆う。

 受講者は自分の発酵容器を持ち帰り、それぞれぼかし肥づくりを実践することにしたのでした。

 昼食は甲賀で畜肥使わない栽培されている山崎さんを訪ねて、お野菜としし肉のバーベキュー!
2013Oct23-lanchi

それぞれ営農の悩みや課題を語り、どう解決してゆくのかを共有。
 こうした仲間との交流から、学べる機会を得てもらえるのだと思います。

 食後、剪定枝堆肥場を訪問。六ヶ月で分解がどう進むのかを確認。
2013oct23-senteishi
施用されたトマトハウスを訪れ、栽培のコツを視察したのでした。

豊かな微生物による環境づくりに助けられる農業。そうした環境づくりと学びの機会をアチャ研は提供して行きたいと思います。



Copyright© 2009–2019 Handsome Garden All Rights Reserved.