≡ MENU

2015.01.08 発酵ぼかし肥作り Day4

2015-01-08

2015.01.08 発酵ぼかし肥作り Day4

種こうじもガシガシ増えてきたことから、他資材とあわせて本仕込みへ
移行するステージにやってまいりました。

これまでの温度推移

日付 内部温度 外気温

備考

2014/12/14 5℃ 2℃ 種菌仕込み開始
2014/12/15 5℃ 1℃
2014/12/16 3℃ 1℃
2014/12/17 3℃ -1℃
2014/12/18 3℃ -2℃
2014/12/19 1℃ 0℃
2014/12/20 -1℃ 0℃
2014/12/21 3℃ 4℃
2014/12/22 3℃ -1℃
2014/12/23 3℃ 3℃
2014/12/24 3℃ 0℃
2014/12/25 4℃ 3℃
2014/12/26 3℃ 2℃
2014/12/27 4℃ -1℃ 育苗温室へ移動
2014/12/28 5.3℃ 17.8℃
2014/12/29 14.1℃ 13.7℃
2014/12/30 39.7℃ 29.9℃
2014/12/31 25.4℃ 24.9℃
2015/1/1 38.4℃ 9.9℃
2015/1/2 46.0℃ 7.5℃
2015/1/3 49.8℃ 7.4℃
2015/1/4 51.9℃ 16.8℃ 種菌をケース内で切返し 17:43
2015/1/5 53.4℃ 27.1℃
2015/1/6 52.9℃ 14.2℃
2015/1/7 54.1℃ 17.6℃
2015/1/8 52.1℃ 8.8℃ 本仕込み資材へ移動

外気温が低く発酵温度が30度超えるまで14日。1/1の夜には-7℃を記録。
こんな環境だと結構時間かかるけど、確実に麹やケカビは活動。
50℃を超えてるエリアでは麹はもはや生きてゆけない。

●本仕込み資材
米ぬか150kg
蒸製骨粉20kg
油かす100kg
かにがら40kg

これらを水分50%目安でミキサー混和。

続いて、本仕込みの手順を翌日まとめます。



Copyright© 2009–2018 Handsome Garden All Rights Reserved.