≡ MENU

3月 4th, 2020年

畑の時間は未来から過去へ流れる

2020-03-04

 

 

 

 

 

 

 

ハンサムガーデンの窪です。

輸入がとまり、市場の玉ねぎが今とても高い。でも、このニーズに応える余力は農家にはありません。来年はたくさん玉ねぎ作る生産者が増えるかもしれません。するとマーケットに玉ねぎが溢れてしまい、価格はまた下がるかもしれません。

でもハンサムガーデンは、僕らの産品を求めてくれる顧客との付き合いに活動を絞るので、こうしたイレギュラーなニーズに応えるリソースがありません。

求められているものを判っていれば、そこにむけて畑を仕込んで、需要に合わせて出荷できて、営農成果はあがります。どんな未来にしてゆきたいのかで、プランは決まってきます。

求められている産品を最終顧客(食べて下さる方)、調理される方、流通、生産者の経済的な協調関係をそれぞれの立ち位置で美味しいに払える金額や、モチベーション、収益性といったあたりを把握できていると妄想はだんだん現実味を帯びてくるものです。

最近、この未来はどう育まれるものなのかを良く考えます。

作付けを見直してて、顧客から求められる産品を考えて、新しい畑だとか手配だとか流通のプラン通りに日々暮らして出荷を待つ。
そんなふうにやることやってると、良いレタスを楽しんでくれるお客さんとの体験が時間の流れにのってやってくるように感じています。

 

畑の時間は未来から過去へ流れる -了-


Copyright© 2009–2020 Handsome Garden All Rights Reserved.