≡ MENU

使われ方はほっといても多様化する

2018-05-01

栽培現場からの発信を続けているといろんな問合せを戴きます。その一つ一つに御返事してゆくわけですが、僕らはいつごろからか農外・農内と相手を区別して考えてしまうようになってきました。現場の事情を判ってもらえる共通認識があるか無いかで分けていると思います。農業の暗黙知といわれるものも、きちんと言葉に落とし込んだ表現がなされれば共有できるのじゃないかな。このあたり、各都道府県の普及指導所に眠る先輩方の紙の記録や研究ノートに触れる度にそう思います。

農内・外と区切るここの境界帯がなくなるくらい多様な事象を細かくフォローできる(最適化できる)技術が機械学習だったりディープラーニングだったりとするのかなと考えています。

これまで僕らが取り組んだ研究検証成果の一つは、現場画像を記録して、そこに紐づく議論を丁寧にテーマと属性、キーワードといった要素に分けて統計してゆくことと、環境計測したものと、言葉から生々しく連想できる植物の姿や収穫量を現場の時間軸に重ねて蓄積してゆく手段です。

栽培画像と紐帯議論。ここからつまづきドコロが見えてきます。

 

2018年の研究活動資金獲得に向けて取り組みを整理して見えてきた方向性は;

当事者の技術理解や言葉や課題の多様さを技術が吸収してゆける学び手段の模索あたりが研究でスコープするところ。現場課題を吸収してゆくには、標準化ではなくて多様化をサポートする農業ハードやソフトウェアによる処理のイメージです。
増収と経営体成長ボトルネックの一つが畑で動く人の労作にあるのは間違いありません。とらえどころの無い地面の下や気象や環境をすこしでも多くつかんで、優先順位づけた指導ポイントにわけた教育システムが農家にIoT機器を使わせるようになり、ひいては栽培ノウハウを早く現場定着させることになるのじゃないかと思うのです。

多様な環境と利用者の状況にやさしく対応して、システム稼働率をあげるには使いやすい仕組みづくりが求められています。

農業現場のOKラインは毎日変わっています。栽培現場をひっぱる農家が『使いたい』って思える価値観をシステム技術方は理解しないとサービスは普及しにくいとつくづく思います。

 

 

使われ方はほっといても多様化する -了-


【ご報告】多様性が培う日本の発酵文化~黒豆味噌づくり~

2018-02-28

ハンサムガーデン宇陀農場 松田です。

2018年2月24日(土)に奈良県宇陀市室生の夢創の里(旧保育所)をお借りし、味噌づくりイベントを実施しました。はるばる大阪から参加くださった方や、黒豆栽培をお手伝いしてくれた龍谷大学大石ゼミの学生さんたち、2年前に宇陀市で実施した黒豆味噌の味が忘れられず待ってましたとばかりに参加くださった方、本当にありがとうございました。

講師は東京農業大学で醸造学を学んだ渡部みなみちゃん。彼女の微生物への愛あふれる講義とお味噌が、みな様の生活を彩り(お花畑)あるもの(笑 当日参加されていた方は分かる)になりますように。

 

後日、代表の窪と話していたのですが、畑も一緒で多様性(咲き乱れるフローラ?)がとっても重要。微生物やそこに生える植物が多様であればあるほどいい。微生物だけでなく植物も、そこに働く人も、集う人も、ハンサムガーデンのイベントや野菜を食べてくれる人も、多様であれば多様であるほど、きっといいことがあるんだろうなぁ、と自分の腸内フローラを想像しながら、今年のレタスの種をせっせとまいています。

個人的には講師みなみちゃんと、1週間生活を共にしながら発酵三昧の毎日(彼女の糠漬けや、乳酸菌飲料、味噌や日本酒のレクチャーなど)で、なぜか体重2キロ減。朝昼晩とごはんにお味噌汁、お野菜多めのおかずに、マメや糠漬け。日本の発酵文化の不思議を体感した1週間でした。

 

引き続き、来週は大阪城東区蒲生4丁目マニアック長屋にて、黒豆で作るお醤油!講座。
まだまだ参加者募集中。

【告知】「黒豆で作るお醤油づくり」。3月10日(土)、11日(日)13時よりマニアック長屋にて。
【募集】だいこく醤油づくりinマニアック長屋(大阪市内)
お申し込み
電話:06-6232-2012
メール:jim@handsomegarden.com

畑の様子やイベントはline@で配信中(不定期)
友だち追加


【ご報告】大阪市内にて黒豆味噌づくりイベントを開催しました

2018-02-05

ハンサムガーデン宇陀農場の松田です。

2018年1月27日、28日に大阪市城東区のマニアック長屋にて「大黒味噌づくり」を実施しました。
2日間で参加者30名以上。ご家族で遠方から参加くださった方や、ハンサムガーデンベジタブルマーケット常連の皆さまと、奈良県宇陀市の黒豆(品種は丹波黒)を使っての味噌づくり。とても楽しんでいただけたようです。

いつもは奈良の山奥で種をまいたり、収穫したり、とお客様と接する機会がなかなかないのですが、久々に大阪での企画スタッフに参加し、やっぱり直接やりとりする機会は楽しい!と実感。またお手伝いに行かせてもらうかも。そのときはお声がけくださいね。

できあがったお味噌ですが、お月見のころから食べ始めることができます。おすすめの食べ方はいつもの味噌とあわせる合わせ味噌。お味噌は腐らない(発酵している)ので、長期熟成も可能です。年を経るごとにすすむ発酵が作り出す味の変化を楽しむのもいいですね。

【告知】次回は、「黒豆で作るお醤油づくり」。3月10日(土)、11日(日)13時よりマニアック長屋にて。
【募集】だいこく醤油づくりinマニアック長屋(大阪市内)

まだ間に合う味噌づくり
【告知】大黒味噌づくり~奈良県宇陀市~ お味噌づくりやりたかった!という方はまだ奈良県宇陀市開催分のお申し込みが間に合います。詳細は、 黒豆!手前味噌づくり体験募集…2018.2.24(土)

 

マニアック長屋での味噌づくり

マニアック長屋での味噌づくり

 


【募集】だいこく醤油づくりinマニアック長屋(大阪市内)

ハンサムガーデン奈良県宇陀農場 松田です。

前回、好評だった大黒味噌づくりinマニアック長屋(大阪市城東区蒲生四丁目)に引き続き、「だいこく醤油づくり」を開催します。

言わずもがな醤油と言えば原料は大豆。奈良県宇陀市の農場で黒豆を毎年作り、味噌の仕込みはするのに醤油を仕込まないなんて、、、味噌仕込みに参加くださったお客さまからのラブコールもあり、「黒豆で作る醤油づくり」の企画を立ち上げました。

実は自家用に毎年少しだけ醤油を仕込んでいたのですが、これが本当に美味しい。作る過程はお味噌のようにはいかず、しばらくはかいがいしくお世話が必要。でも、手がかかる子ほどかわいくて、話しかけたくなる(これほんと)ことも。

なにせ、「お醤油」の見方が変わります。
みな様のご自宅に「田舎の農ある暮らし」が届きますよう。お申込みお待ちしております、ね。

【日時】2018年3月10日(土)11日(日) 13:00~15:00
【場所】大阪市城東区蒲生4丁目9−18 マニアック長屋

●募集概要

●参加料 3,000円(税込)/口当日、現地でお支払い下さい。
出来上がり量で1Lお持ち帰り頂きます。(1年後に絞って醤油に仕上げますので、2~300ccほどの生醤油になります)
・容器 こちらでご用意します。
・持参戴くもの エプロン、タオルなど
・日時 2018年3月10日(土)11日(日) 13:00~15:00
・申込期限 2018年3月3日
仕込みがありますので、1週間前迄に申込下さい。▼オンラインでの御問いあわせ、申込みは以下をクリック

電話:06-6232-2012
メール:jim@handsomegarden.com
・参加人数
・申込口数
・場所 〒536-0016 大阪府大阪市城東区蒲生4丁目9−18
マニアック長屋
ここをクリック
で地図が開きます。
・材料 ★参加料に含まれています。
・黒大豆
・豆麹
・粗塩
・しこみ水
・持ち帰り容器
・注意 前日に発酵食品(納豆、キムチ等)を召上らないよう注意下さい。

お申込みをお待ちしております。


IoT公開シンポジウムに出展

2017-11-25

奈良県産業振興センターにて、開催されたシンポジウム
「データ活用による地域の新たな価値創出」に活動を紹介する
ポスターコーナーを設けて戴きました。

 

 

 

 

 

 

 

共通したキーワードはスマート・コミュニティ(シティ)と行動変容。
そこではイノベーティブな行政とシビックテックの協創が新しい文化を
生み出してゆきつつあるよね…というもの。

振り返ればスマートシティだったのだけど、それは結果の形であって
「情報から人を幸せにする」視点が価値を生み出している..とのこと。

●誰がリードしてゆくのか

最初は、意図的にITに詳しい方を集めてゆくのと、やはり知的好奇心を
きちんと見える化、言える化なんじゃないだろうか。

フォロワーは昨今の特徴として本当に薄い関係でつながる。
ちょっと気に留めて置いてくれたらいいよ、というような、縁を残して
ゆく発信しまくり。

基本的に、自身が「こうしたら面白いよね」と方針をまとめて、
ひたすら声をかけて、実行する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に参加者のインセンティブをきちんとしないとやはり集められない。
発信する自分自身が死ぬほど興味を持つ事がコミュニティづくりの
基本ですね。

心地よい体験でした。こんなイベントはどんどん参加するべきだよね。

公開シンポジウムに出展 -了-


黒豆!手前味噌づくり体験募集…2018.2.24(土)

2017-10-11

大和高原・伊那佐の農ある暮らし講座シリーズ3

ここ宇陀山中では、味噌が日々の食卓に欠かせません。伊那佐あたりで戴く、米こうじ味噌は、晩秋の亥の子の日(11月)から初午(2月)の時期に仕込むものと聞き伝えています。昔ながらの方法で米麹を仕込み、宇陀特産の大黒豆で味噌を仕込む講座です。

なぜ黒豆で、そして自分たちで味噌仕込のか…。

「手にのってる常在菌で味がのってくるから」といったもっともな理由もあるのですが、気長に血圧があがらない、やさしい濃い味にとりつかれて仕込みも五年目になります。10月にエダマメで取り切れない豆を12月に収穫する畑は、キジ、ひよ、メジロが集う山間地。
ここで育ったこの大きな黒豆と自分たちで醸す米コウジで味噌を仕込みます。

?title 宇陀大黒の畑
宇陀大黒
米麹
仕込み2
仕込み中

仕上がりはお月見の頃(10月)

仕込み味噌は、麹と自分の腕を信じて、おうちの比較的涼しいところで半年熟成させます。お月見の頃、お味噌ができあがってきます。

家族で手作り。

結(ゆい)は、集落互恵の仕組みです。一人ではできないことも、力をあわせて実現する。里山に残る、そんな体験が家族のつながりを深めてくれる。そんな体験へのお誘いです。

●募集概要

●参加料 4,500円(税込)/口当日、現地でお支払い下さい。★事前予約を年内に戴いた方は4,050円にさせて戴いてます。
 ひと口2.5kgほどの仕込味噌(150椀分)をお持ち帰り戴けます。
お友達、家族で参加戴けます。ひと口(2.5kg)を親子やお友達何人かで分け合って戴いても追加料金は戴いていません。仕込み材料追加(2.5kg)は4,050円です。
・容器 5リットル程度の味噌容器を御持参下さい。ビニール袋でお持ちかり戴き、御自宅で容器に移して戴いても大丈夫です。
★昨年味噌仕込みに使われたものでOk。別途、御入用の方は1,000円で用意させて戴きます
・持参戴くもの エプロン、タオルなど
・日時 2018年2月24日(土) 13:00~15:00
・申込期限 2018年2月18日

米麹の仕込みありますので、1週間前迄に申込下さい。
▼オンラインでの御問いあわせ、申込みは以下をクリック

電話:06-6232-2012
・参加人数
・申込口数(持帰仕込味噌2.5kg/口)
お味噌づくりの担当までお申込み下さい。

・場所 うだ夢創の里

ここをクリックで地図が開きます。

・材料 ★参加料に含まれています。
・黒大豆
・米麹
・粗塩
・殺菌用アルコール
・だいこく味噌の仕込み方手引き
・注意 前日に発酵食品(納豆、キムチ等)を召上らないよう注意下さい。

お申込みをお待ちしております。


育苗支援システム開発・共同研究

2017-09-17

2017年度、奈良県産業振興センターの支援のもとで、株式会社福角兄弟農園(当団体顧問先)、鳥羽商船高等専門学校総合情報センターと当団体が連携する「中小農家が使いやすいICT栽培支援」コンソーシアムは、中小農家に活用してもらる育苗支援システム開発の共同研究を開始しました。福角兄弟農園様は、ミズナ、リーフレタスの育苗で現場に多くの課題を抱えておられます。ここに当団体がこれまで取り組んできました栽培環境計測および灌水管理の仕組みを連動させて、IoTツール活用による育苗成果をあげられるシステムを開発してゆくものです。
要素技術を具体化する期間は9ヶ月。この限られた期間と予算の中で、プロ農家が活用できうるシステムの創出を目指します。

▽2017年9月時点のプロット
●構想図面

 

 

●育苗テーブル試作機

●灌水泉の様子

本件のお問い合わせは
NPO法人ジオライフ協会 宇陀研究農場 tel. 06-6232-2012


ICT/IoT支援栽培..栽培のつまづきどころを議論する講座

みなさま

ハンサムガーデンの窪です。

農林水産省の異分野融合研究2014~2016で実施させて戴いた

研究事業成果..スマホ画像と画像クラウド”houren.so”を活用して、

栽培チームの生産性を向上させ、

栽培ノウハウの早期定着を考える

そんな講座を

龍谷大学梅田キャンパスで10/5~全5回コースで開講させて戴きます。

連携して指導下さる先生は

龍谷大学の大石尚子准教授。

一緒に彼女のゼミ生たちにハンサムガーデンで栽培ノウハウの獲得に

2016年、2017年と取組んで参りました。

 

ハンサムガーデンの窪が担当する4回は、

実際の営農ICTツール導入コンサルテーションの現場から

①営農現場へICTツール導入する時、どんな点が大変か。

②農業未経験者(龍谷大学ゼミ生)へICTツール使って栽培遠隔指導で分かったこと。

③プロ農家が画像クラウドを活用して、どこに成果がでているのか。

 

この3点についてみっちり御紹介したいと思います。

▽講座の案内
https://rec.ryukoku.ac.jp/search/start/details/7551

受講料 9,250円 (全5回)
★龍谷エクステンションセンター会員になると合計20円安くなるようです。

10/5(木) 19:00~20:30
10/19(木) 19:00~20:30
11/2(木) 19:00~20:30
11/16(木) 19:00~20:30
12/7(木) 19:00~20:30

ぜひ、皆さまのご参加をお待ちしております。


6/4(日) 4:20 AM 8.8℃ early morning harvesting

2017-06-04

車から出て畑に向かうのだけど、Tシャツ一枚では寒くてカッパを羽織る。
8.8℃とまだ寒い。今日から朝採りレタスが京都の八百屋さん店頭に並ぶので、
朝いちばんで収穫スタート。

気候を活かした農業を考えて、ハンサムガーデンが選んだ産品の一つはレタス。
涼冷な気候好むレタスが大和高原では良く育つんです。
でも、ひとくちにレタスといっても結構品種がたくさんあります。
そんななかから、玉レタス、リーフレタスともに育てて、食べて、個性の強い奴を作付に残していってます。苦味をのせたり、減らしやすかったり、少しストレスを与えると緋色がのってくる奴や、大株に仕立て易いといった性格は品種である程度決まるのですが、水かげん、土壌、そしてもちろん施肥で誘導できる歯ざわりや苦味もあります。

 

そこに加えて、葉の形状が結構重要かも。サカナをくるむものや、付合せに使ってもらえそうな色。当面、サラダ野菜にぞっこんです。


学生インターンシップ指導に学ぶ「生産性」その1

2017-05-25

人は不安な心理下にある時、やるべき課題へ集中できなくなるとの研究があるようです。騒がしい事務所では、思索に集中できないっといった具合でしょうか。

注意の方向とは関係なく、自動処理できちゃう仕事と集中しないとできない処理がありますよね。この集中するってことが生理的な注意能力とも言えて、個人によって差のあるリソースなんだそうです。

今回、農業流通の課題解決をテーマにした大学生インターンシップをアレンジさせて戴きました。ここまでの1年数か月というもの、エダマメとレタス栽培に取組んでもらい、スマホで作業現場の記録をイメージ化してその上に議論を重ねる。それでもって記録画像をキーワードの頻出順にならべると、ツボの踏みドコロがみえてくるのが判ってきたわけです。

ちなみに、このクラウドツール無料でスタートできますよ。詳しくはこちら

未経験者の彼らを畑に投入する場合、早期の技術獲得なんぞ「目で盗め」なんて言ってみたところで短期間に絶対実現しません。

そこの解決策は、つまづきどころの把握なのでは無いかな。これを現場でゲーム化してみてるんですが、そろりそろりと自らの失敗をデータ化しはじめてくれています。

このあたりのワークショップ化を考えています。興味持っていただいた皆様、ゼミに参加されませんか?それでもって、生産性向上を一緒に考えてゆきましょうよ。

メッセージお待ちしております。

窪 メールアドレス roteule★gmail までメッセージお待ちしております。

学生インターンシップに学ぶ「生産性」その1 -了-



Copyright© 2009–2018 Handsome Garden All Rights Reserved.