≡ MENU

Posts Tagged ‘栽培管理’

【栽培管理】004 春作の苗は発酵温床で作って3年目

2020-02-17

宇陀農場 農場長 松田です。春作(4月出荷分~)の種まきも少し一段落しつつありますね。ハンサムガーデンでは、春作のレタスたちの苗作りは発酵温床を使っています。この冬で発酵温床チャレンジ3年目。少しずつ面積も広く、作業工程もシンプルになり月間18000株のレタス苗を作るのに十分なノウハウが蓄積されてきました。

もともとは電気温床(農電ケーブル)で春作の苗(播種時期は厳冬期)を作っていたのですが、電気代が高い、電気メータを苗小屋にひかなればならない、などコストもかかるため他のやり方を模索したのが始まりでした。最初は半信半疑だったものの、よくよくおじいちゃん農家さんに話を聞いてみると思ったよりたくさんの人が発酵温床を使っているようです。ただし、こんなに面積は大きくなく、切りワラや落ち葉を使う発酵温床のほうが地域的には主流です。

ハンサムガーデンでは米ぬかだけで発酵温床(つまり好気発酵米ぬかぼかし)を作ります。作り方は以下の記事を参考に。
2018年冬の記事はこちら→hotbed seeding. 比較的簡易な発酵温床での育苗

 

▼今日のハンサムガーデン宇陀農場のカイゼン

〇課題・疑問 厳冬期の育苗コストが高い

〇解決方法 米ぬかぼかし発酵温床を活用して育苗する

〇発展 もちろん使い終わった米ぬかぼかしは肥料として散布

【栽培管理】003 畑にホワイトボードを持ち込んでみる

2020-02-16

ハンサムガーデン 宇陀農場 農場長 松田です。カイゼン日記、今日は【栽培管理】003 畑にホワイトボードを持ちこんでみる、です。

ハンサムガーデンは主にリーフレタス、サニーレタスを周年で栽培していますが、営農規模が大きくなるにつれて課題になってきたことがあります。最初は月に1000ほどの出荷からスタートしたリーフレタスでしたが、今では月間栽培数18000株。いつ何をどの品種をどれだけ播いて、どこにどれだけ植えたのか・・・。中山間地の農家の宿命ともいえる飛び地圃場のため管理するのがかなり複雑です。

ふだんの栽培管理はhouren.soという写真共有アプリを活用し、写真+コメントや日報で管理していますがこの写真のこの品種は何だったか?この畑のこの畝には何株入ったか?など現場を離れると忘れがち。それなら、とホワイトボードに書き込み、写真に一緒に写し込んで管理することにしてみました。材料は100円均一のホワイトボード、紐、クリップ、ホワイトボード用マーカーと300円程度。軽トラに常備してさっと取り出せるようにしています。今のところ使い勝手は良好。また、使用感報告しますね。

ちなみに、周年でリーフレタスを栽培するため播種時期はweekナンバーで管理(w51は 51週目播種ということ)。レタス品種も多いため、コードネームをふっています。このあたりはまた別の記事にて。

▼今日のハンサムガーデン宇陀農場のカイゼン

〇課題・疑問 写真ベースの栽培管理を実施しているが、細かい記録がつけにくい(忘れてしまう)

〇解決方法 小さなホワイトボードを軽トラに常備し、その場で記録、写真に写り込ませる

〇発展 houren.soにこの写真をUPすると、勝手にホワイトボードに書いたタグが写真に紐づくと嬉しいかも

参考サイト 現場を強くする報告連絡相談ツールhouren.co
※ハンサムガーデンは栽培管理で、このhourensoという写真共有アプリを使用しています。

【栽培管理】001 2020年の冬は暖かいは本当か?

2020-02-03

ハンサムガーデン 宇陀農場 農場長 松田です。

2020年の冬は暖冬!スキー場に雪がなく、北海道の雪まつりも雪がない!溶ける!と大変なようです。暖冬の影響で農産物は豊作、価格は下落、作ったものを廃棄せざる得ないというニュースもちらほら。

ハンサムガーデンのある奈良県宇陀市でも例外なくあったかい・・・。宇陀は標高300~600mの準高冷地。冬が厳しく露地栽培なんてもってのほか、冬は何にもできないというのが通説でしたがそうでもなくなってきたな、という状況です。

では、どれくらい気温があがったのか?気象庁のアメダスデータを調べてみました。

2018年、2019年、2020年の3か年、棒グラフは平均気温、線グラフは11月1日からの積算温度です。

▼グラフから分かること
(1)青色の棒グラフ(2018年冬)平均気温が0℃を下回る日が何日もある。一方、2019年、2020年は0℃を下回る日がない。
(2)2019年の積算温度と2018年の積算温度の差が1月時点で30℃に開いている。
(3)12月は2019年の方が暖かったが、1月になると2020年の方が暖かい。(積算温度が2020年の方が上回り始めた。)

2020年宇陀の気温

暖かい、暖かいと感じていても、ちゃんとデータを検証してみるのは大事。この暖冬の影響が今後どうでるか?気象予報と過去データは常にアンテナはってチェックです。

【参考サイト】
気象庁 過去の気象データ・ダウンロード

▼今日のハンサムガーデン宇陀農場のカイゼン

〇課題・疑問 肌感覚で感じている暖冬は実際のアメダスデータではどのように表れているのか

〇解決方法 気象庁の過去データをダウンロードし、グラフ化してみる

〇発展 毎回データダウンロードはたいへんなので、自動でデータ取得ができるといい(データスクレイピング)


Copyright© 2009?2021 Handsome Garden All Rights Reserved.